光式レベルスイッチ OPT型

超音波タイプのレベルスイッチに比べ安価。赤外パルス変調方式で外乱光の影響を受けにくい
光式レベルスイッチ

測定対象:上液と浮遊沈殿物の界面

OPT型:赤外パルス変調方式

特長

  • 両液ともに導電性あり、比重差なし、電気抵抗値が同じでも透明度に差があれば界面検出可能。
  • 赤外パルス変調方式を採用しているため、外乱光の影響を受けにくい。
  • 機械式・電気式で検出できないレベル(0.1以下)の比重が小さい粉体の検出に使用が可能。※プラスチック微粉末等
  • 検出部がFEPパイプで覆われているため、耐薬品性に優れ、付着物の影響を受けにくい。
  • 界面設定位置の変更が容易。
  • 感度調整機能付。
  • 超音波タイプのレベルスイッチに比べ安価。



用途

  • 化学工場・食品工場の下水処理槽や、水処理設備の液中沈殿物、活性汚泥の界面検出など
  • 透明度の異なる2液の界面検出
  • 機械式・電気式で検出できないレベル(0.1以下)の、比重が小さい粉体の検出(例:プラスチックの微粉末)

主な仕様

型式 OPT型
動作原理 投光素子と受光素子を対向させて設置し、この間をさえぎる物体による光の遮断・減衰などの変化を検出する。
接液部材質 SVS,PVC,FEP
使用温度 検出部-10℃~60℃
耐圧 最大 0.2MPa
入力電源 AC100V/200V(±10%) 50/60Hz
出力 リレー接点

図面

OPT型 図面PDFファイルOPT型 図面