フロート式レベルスイッチ FLS型

自己保持型(ストッパーとフロート各1つで多点検出)で保守点検が容易で低コスト。耐圧、サニタリー対応も可能。
フロート型レベルスイッチ
測定対象:低粘性液体 液面検出・制御

FLS型:リードスイッチタイプ

FLS-d型:本質安全防爆構造ExiaⅡCT5(TIIS)、耐圧防爆構造d2G4(TIIS,ATEX)

特長

  • 低コストで液面検出が可能で、保守点検も容易。
  • 現場で検出位置やON/OFF信号の変更が可能。
  • 1台で多点検出が可能(最大7点)自己保持型リードスイッチで10点以上の検出も可能。
  • 耐久性・安全性の高いリードスイッチを採用。
  • 不活性ガスが封入されているため引火性なし。
  • 液面と温度の同時計測が可能。
  • 圧力・温度・泡・比重・ガス等の影響をほとんど受けない。(圧力タンク・真空タンクにも使用可)
  • 測定液の性質や使用条件に応じた材質や構造を選択可能。
  • 耐食仕様あり。
  • 小型タンク用ミニフロートあり。
  • 横取付可能。
  • 製品単独で高圧ガス設備試験受検 ※1
    ※1 KHK受検用必要ドキュメント(強度計算書・試験成績書・ミルシート)だけも承ります。
  • 修理キットや予備用スイッチ内蔵レベル計(オプション)を使えば修理簡単、最短修復が可能。長さ・接点位置の異なる予備品の共通化が出来ます。

自己保持型

自己保持型は、ストッパーとフロート1つで多点検出が可能。タンクを解放せずに接点位置の変更や追加、交換が可能な為、タンクへの異物混入やタンクからのガス漏れの心配がありません。

FLS型 フロート

修理キット※オプション

修理キットを使用しれば、故障したレベルスイッチを現場で最短復旧が可能です。修理キットは他社製既製品にも使えます。

FLS型 修理キット
FLS型 修理キット使用図

用途

  • 液面検出・制御(高粘度・付着が成長する液を除く)

FLS型取付イメージ

FLS型 取付イメージ



主な仕様

サニタリー仕様 ♯400バフ仕上相当・電解研磨・不動態化処理・耐結露処理・耐熱150℃仕様
IDFサニタリーへルール/シート・ナット取付
動作原理 フロート(浮き子)が上下することにより、フロート内部のマグネットがステム内部の リードスイッチを作動させて液面を検出する。
接液部材質 標準:SUS304、SUS316、SUS316L
耐食仕様:PVC、PP、テフロン、FRP、チタン、ハステロイC、ハステロイB
使用温度 SUS
標準仕様:最大100℃
耐熱仕様:最大130℃※スチーム洗浄可能
PVC
最大 50℃
耐圧 SUS 最大 0.5MPa
PVC 最大 0.2MPa
接点 リードスイッチ(特殊仕様:マイクロスイッチ)
標準取付寸法 フランジ JIS5K/50A、2"PTネジ、IDF2Sへルール等

修理キット仕様

材質 対象ステム径 フロートサイズ フロート比重 リードスイッチ接点容量 リードスイッチ接点数
SUS304
SUS316
SUS316L
Φ13.8 Φ40×Φ15×50L 0.43 50VA 4~5点
(既設品端子台の
端子数による)
PVC
CPVC
PP
Φ22 Φ60×Φ24×60L PVC、CPVC:0.7
PP:0.6
50VA

型式表示

FLS型 型式表示

図面

FLS型  図面PDFファイルFLS型 図面