ケーブルフロート式レベルスイッチ QFA型

高粘度で浮遊物の多い液体の検出や、流れのある場所や泡立ちがある液面での使用が可能
ケーブルフロート式レベルスイッチ

測定対象:低粘性液体 排水・下水・し尿処理場、深いタンクやピット等

QFA型:ケーブルフロートタイプ

特長

  • 低価格。
  • 高粘度で浮遊物の多い液体も検出可能。
  • 優れたマイクロスイッチを採用。リードスイッチタイプに比べ接点容量が大きくとれ、ショックにも強い。
  • 検出点の設定が容易で現場対応しやすい。標準品でab接点の選択が可能。
  • 多点検出が可能(標準4点。それ以上も可)。
  • 2″用あり。

用途

  • 水・給排水・下水・し尿処理場など、低コストで液面検出したい現場
  • 流れ・波立ちのある場合や、深いタンクやピット(ケーブル長=最長20m)等
    ※最長100m実績もありますのでケーブル長はご相談下さい。

取付イメージ

QFA型 取付イメージ



主な仕様

型式 QFA型:ケーブルフロートタイプ
動作原理 液面上昇につれてフロートが上昇・反転し、内蔵マイクロスイッチが作動して液面を検出する。
接液部材質 フロート:ABS、PP、PVC、SUS304

ケーブル:ネオプレン、シリコン
使用温度 樹脂:最大 50℃

SUS:最大 170℃
耐圧 最大 0.2MPa
接点 マイクロスイッチ
標準取付寸法 フランジ JIS10K/100A,G2ネジ 等

図面

QFA型 図面PDFファイルQFA型 図面