堅実経営一筋

1919年の創業以来、当社は一度も業績赤字を出さずにまいりました。 科学技術専門の商社として、文字通り堅実経営を貫いてきた入江株式会社の歩みをご紹介します。

  • 第二次大戦前、当社が宣伝のために制作した手ぬぐい
大正 8年 1月 (1919年)  東京市神田区竜閑町19番地(現・千代田区)に個人営業 (入江商店)で、理化学器機製造及び輸入販売店を開業
昭和 2年 3月(1928年)  東京電気株式会社(現・株式会社東芝)の石英製品代理店(現・クアーズテック株式会社)となる
昭和16年 3月(1941年)  法人組織に変更、資本金19万円(有限会社入江製作所)
昭和29年 7月(1954年)   組織変更(株式会社 入江製作所に変更)
昭和34年 8月(1959年)  大阪出張所(現・大阪支店)を開設
昭和42年 5月(1967年) 株式会社イワキの代理店となる
昭和45年4月(1970年) 東芝基準温度計、624℃高温度計、東芝色ガラスフィルター干渉フィルター総代理店となる
昭和46年 4月(1971年)  東京光学機械株式会社(現・株式会社トプコン)の光電機器特約店となる
昭和52年 4月(1977年) 東芝電子事業部電子装置の代理店となる
昭和53年 4月(1978年) 東芝硝子株式会社(現・旭硝子株式会社)の特約店となる
昭和55年 4月(1980年) 九州営業所(現・九州支店)を開設
昭和57年12月(1982年)  日本ミリポア株式会社(現・メルク株式会社及び日本インテグリス株式会社)の特約販売店となる
昭和58年 4月(1983年) 西条出張所(現・四国営業所)を開設
昭和60年 9月(1985年) 市川流通センター(千葉県市川市)を開設
平成 元年 4月(1989年) 東芝ライテック株式会社の特約代理店となる
平成 3年 2月(1991年) 南九州営業所を開設
平成 6年 4月(1994年) 東芝精機株式会社(現・芝浦メカトロニクス株式会社)の特約代理店となる
平成 8年 7月(1996年) 資本金を4500万円に増資
平成15年 4月(2003年) 株式会社トプコンテクノハウスの照度計類の国内総代理店となる
平成16年 3月(2004年) 彦根出張所を開設
平成17年 1月(2005年)  会社名を入江株式会社と改称
平成18年 2月(2006年)  ISO14001取得
平成18年 3月(2006年)  エレクトロニクス営業部を新設
平成20年 3月(2008年) 広島営業所を開設
平成21年 2月(2009年) 海外支援事業を開始
平成27年 11月(2015年) 鶴岡出張所を開設
平成29年2月(2017年) FITリーディンテックスの全株式を取得し子会社化
平成29年3月(2017年) 那珂出張所を開設