ピトー管

あらゆる産業の流速・流量計測と制御に


特長

ピトー管の特長・優位性

  • 圧力損失が小さいのでプラントの運転動力の省力化が図れます。
  • ダクトへの設置が安易です。又、稼動部がなく、メンテナンスが安易です。
  • 大きさ、形状、材質を選択可能です。
  • 摩擦が少なく、耐久性にすぐれています。
  • 流体の組織、成分に影響されず、ダクトを含んだガスにも使用可能です。又、再現性にすぐれています。

ピトー管による流速・流量計測の原理

流体の流れの中にピトー管を置くと、流れはその前でせき止められ、後方へ流れていきますが、先端は流速が零になる点が生じます。その点の圧力を全圧(Pt)といい、先端の孔で検出します。ピトー管には、側面にも孔があり、これは、流体の圧力(静圧 Pt)を検出します。 ピトー管は、全圧(Pt)と静圧(Ps)を検出し、両者の差(動圧又は差圧 Pd)からベルヌイの定理により流速、流量を求めます。

ベルヌイの定理

流体に粘性がなくて、摩擦の作用を考える必要がなく、また圧縮性もなくて密度が一定の場合には、その流体が持っている運動エネルギーと位置エネルギーと静圧によってなされた仕事の総和は、一定である。

ピトー管による流速・流量計測の方法

ピトー管は、差圧(動圧)を検出することにより、流速・流量を求めますので、差圧計を中心とした計測器との組み合わせとなります。

  • 差圧計 差圧(動圧)を計測して、演算
  • ピトー管式流速・流量計差圧(動圧)センサーと指示計(演算)が一体
  • 伝送器差圧(動圧)を出力して、指示計で演算

流速流量計・マノスターゲージ・微差圧計等の計測器の取扱い御座います。ピトー管と合わせてご検討下さい。

マノスターゲージ WO81シリーズ
微差圧計 DPCシリーズ
ピトー管式流速計・流量計 FV-21シリーズ
可搬型流速計・流量計 FV-21A HTシリーズ
間欠パージ式設置型流速計・流量計 FV-21A Bシリーズ

様々なタイプのピトー管を取扱いしています。

L型ピトー管 ウェスタン型ピトー管
多孔式ピトー管 クシ型ピトー管
スリット式ピトー管 2孔式ピトー管
水冷2孔式ピトー管

※L型、ウェスタン型以外は、別途お問合せ下さい。

風洞設備にて標準ピトー管との比較検査や校正も行えます。

    • 風洞を使用し標準ピトー管との比較検査を1本1本行っています。
    • ピトー管試験成績書を添付します。
    • ピトー管の校正も承ります。(有償)
    • 校正証明書(トレサビリティ体系図)もご要望に応じて発行可能です。(有償)

ピトー管校正用風洞設備

概略仕様

L字型ピトー管(JIS型ピトー管)

L型ピトー管(JIS型ピトー管)

型 式 管径(mm) 元管長(mm) 鼻管長(mm) 全圧孔径(mm) 静圧孔径(mm)・孔数 材質
LK-00 Ø3 100 42 Ø1.5 Ø0.5×3 SUS304
LK-0 Ø4 250 56 Ø2 Ø0.5×4
LK-1S Ø6 380 84 Ø3 Ø1×6
LK-5 Ø10 500 140 Ø5 Ø1×10
LK-6 Ø10 1000 140 Ø5 Ø1×10
LK-7S Ø12 1000 168 Ø6 Ø1×12
LK-8 Ø12 1500 168 Ø6 Ø1×12
LK-9 Ø15 1500 210 Ø7.5 Ø1×15
LK-10 Ø15 2000 210 Ø7.5 Ø1×15
LK-11 Ø20 2000 280 Ø10 Ø1×20
LK-12 Ø20 3000 280 Ø10 Ø1×20

ウェスタン型ピトー管

ウェスタン型ピトー管

型 式 管径(mm) 元管長(mm) 鼻管(mm) 材質
WK-00 Ø10 500 22 SUS304
WK-01 Ø8 1000 18 SUS304
WK-02 Ø10 1000 22 SUS304
WK-03 Ø12 1000 26 SUS304
WK-04 Ø12 1500 26 SUS304
WK-05 Ø12 2000 26 SUS304

WK-00~WK-05 寸法