液柱型マノメーター PW型、PA型、SP型

液柱型マノメーター PW型、PA型、SP型

特長

  • U字型のゲージ管(ガラス管)内に水または水銀を入れ、液柱(液面)の高さを読み取ります。
    測定対象物により、差圧、ゲージ圧等の圧力を計測します。
  • SP型は、単管型タイプでU字型の片側の径を大きくすることにより、液柱差の読み取りを1本のゲージで行う単管式のマノメーターです。

U字管マノメーターの液体の読取位置(メニスカス)

ゲージ管内の毛細減少により、液体の表面張力によって持ち上げられたり、引き下げられたりします。

液体の読取位置(メニスカス)

  • 差  圧:接続口左右の両方に圧力源を接続しゲージ管の左右2本の液柱差を読み取り、測定をします。
  • ゲージ圧:接続口左右の片方に圧力源を接続しゲージ管の左右2本の液柱差を読み取り、測定をします。

PW型 (水用:PWW型 水銀用:PWM型)

  • 木製ベースに目盛板とガラスゲージ管のシンプルな構造で低価格なU字型マノメータです。
  • 目盛板呼び長は、100~2000kPaまで各種ご用意。最小目盛は、水用:0.01kPa、0.02kPa、水銀用:0.2kPa。※kPa目盛です。
  • 作動液は、水(PWW型)または、水銀(PWM型)を選択下さい。
    ※作動液は付属しておりません。水の場合は蒸留水をご使用下さい。
  • カバー、ドレンコック付きもございます。

PA型 (水用:PAW型 水銀用:PAM型)

  • 本体ベース、接続口が金属製で構成された堅牢な構造の金属パネル型U字型マノメータです。
  • 目盛板呼び長は、100~2000kPaまで各種ご用意。最小目盛は、水用:0.01kPa、0.02kPa、水銀用:0.2kPa。※kPa目盛です。
  • 作動液は、水(PAW型)または、水銀(PAM型)を選択下さい。
    ※作動液は付属しておりません。水の場合は蒸留水をご使用下さい。
  • 接続管の種類、材質に応じて継手を選択出来ます。(ゴム管用、PT1/4メネジ用、Φ6金属管用)
  • カバー、ドレンコックを標準装備。
  • スタンド付きもございます。

SP型 (水用:SPW型 水銀用:SPM型)

  • 単管型タイプなので、液柱差の読み取りを1本のゲージで行えます。
  • 本体ベース、接続口が金属製で構成された堅牢な構造の金属パネル型単管式マノメータです。
  • 目盛板呼び長は、300~2000kPaまで各種ご用意。最小目盛は、水用:0.01kPa、0.02kPa、水銀用:0.2kPa。※kPa目盛です。
  • 作動液は、水(SPW型)または、水銀(SPM型)を選択下さい。
    ※作動液は付属しておりません。水の場合は蒸留水をご使用下さい。
  • 接続管の種類、材質に応じて継手を選択出来ます。(ゴム管用、PT1/4メネジ用、Φ6金属管用)
  • カバーを標準装備。
  • スタンド付きもございます。

概略仕様

PW・PA型マノメータ 測定範囲表

呼び長 PWM / PAM型
目盛板(水銀用)kPa
PWW / PWM型
目盛板(水用)kPa
100 13 1.0
200 26 2.0
300 40 3.0
500 66 5.0
800 106 7.8
1000 130 9.8
1500 200 14.6
2000 266 19.6
  • <最小目盛> : 水用 呼び長100~1000 0.01kPa 呼び長1500~2000 0.02kPa 
  • <最小目盛> : 水銀用 呼び長100~1000 0.2kPa 呼び長1500~2000 0.25kPa 

SP型マノメータ 測定範囲表

呼び長 SPM型
目盛板(水銀用)kPa
SPW型
目盛板(水用)kPa
300 40 2.9
500 66 4.9
800 106 7.8
1000 133 9.8
1500 200 14.7
2000 266 19.6
  • <最小目盛> : 水用 呼び長100~1000 0.01kPa   呼び長1500~2000 0.02kPa 
  • <最小目盛> : 水銀用 呼び長100~2000 0.2kPa  

マノメータオイル(マノメーター専用液)

マノメーター専用液として赤色に着色してあり、低蒸発性で読取がしやすくなります。

マノメータオイル(マノメーター専用液)

  • 容量:200ml
  • 比重:1.02(20℃)
  • 今製品は、ガラス「ゲージ管」専用です。