微生物の検査時間を大幅短縮。培養不要で約10分で菌数を測定できます。微生物検査は、食品や飲料水業界、製薬・医療機器業界など様々な分野で、製品の安全性や品質の確保のために重要ですが、培養を用いる方式では結果が判明するまでに数日必要であり、リスク管理、在庫の増大などに大きな負担となっていました。この微生物迅速検査装置バイオプローラは顕微鏡システムを用いない新方式を採用しており、迅速かつ高精度に測定できる微生物検査装置です。食中毒等の検査にかかる時間と費用を大幅に削減できます。

バイオプローラの測定原理

バイオプローラは生/死菌(生菌および死菌)と死菌を蛍光染色し、特定の波長を持つ光を照射することで各微生物を発光させ、その発光する点をCCDで画像として撮りこみ、画像処理で生/死菌(生菌および死菌)と死菌数を各々カウントし、その差から生菌数を算出します。異なる種類の微生物が混在して発光強度や発光点の大きさが異なっても、発光点を微生物として1個づつ計測するため、高精度です。

微生物迅速検査装置 KB-VKH01

特長

  • 培養不要で測定したい時にすぐに測定  従来数日間を要した培養が不要、タイムリーな検査を実現(測定時間は約10分)
  • 微生物蛍光染色法と画像処理技術で高精度測定  発光点をデジタル画像処理、高精度に測定
  • 測定キットにより面倒な操作は不要、測定者による結果のバラつきを抑制
  • 卓上に置けるコンパクト設計  本体はW218×D391×H319mm の省スペース設計

用途

  • 研究開発部門における自主検査
  • 品質検査部門における自主検査
  • 製造部門における自主検査

概略仕様

型式名 微生物迅速検査装置 備考
型番 KB-VKH01 KB-VKH02
外形寸法 W218×D391×H319mm
装置質量 9.8Kg
電源 DC12V 専用AC100V
アダプター付属
最大消費電力 36W
使用温湿度 15~30℃/20~85%RH 結露なきこと
測定方式 蛍光染色法
(核酸染色)
蛍光染色法
(生理活性染色)
測定時間 約10分 約6分 注1
染色時間 2分 10分 注2
測定対象 生菌数/死菌数 生菌数 注3
測定推奨範囲 102~105cell/フィルタ 表示単位 10個
パソコンインターフェイス USB1ポート 専用USBケーブル
および計測ソフトCD付
  • 注1 計測モードにより測定時間が異なる場合があります。
  • 注2 検体により染色時間が異なる場合があります。
  • 注3 酵母、カビは正しく測定できない場合があります。
  • ※ パソコン本体は付属しておりません。
  • ※測定範囲は検体(測定対象)ごとに異なる場合がありますので、検証実験によりご確認ください。

検査部材

  • ろ過チップ
  • 試薬:要冷蔵遮光保存(冷蔵保存条件 2~10℃)および冷凍遮光保存(冷凍保存条件 -20℃)
  • マニホールド:吸引ろ過部材
  • ゴム栓:吸引ろ過部材
  • 装置点検チップ:要遮光保存