Q

積算照度の考え方

A

積算照度とは測定時間内に照射される累積の照度値である。

  • 1-1.左図で1時間経過後の積算照度は
  • ① の場合:6*10/60=1(lx・h)
  • ② の場合:1*60/60=1(lx・h)
  • 1-2.左図で30分経過後の積算照度は
  • ① の場合:1. 10/60=1(lx・h)
  • ② の場合:1*30/60=0.5(lx・h)
  • 2. 5(lx)、10(lx)、6(lx)を10分づつ照射した場合の積算照度(30分以上経過後)
  • 5lx 10分→ 5*10/60
  • 10lx 10分→10*10/60
  • 6lx 10分→ 6*10/60

■紫外線強度計の積算放射量測定の場合

紫外線の積算放射量(mJ/cm2)も考え方は同じである。

  • 但し1(mw・h/cm2)=36000(J/m2)
  • =36000000(mJ/m2)
  • =3.6(J/cm2)
  • =3600(mJ/cm2)
  • ※積算値の表示にはオプションのキーボードユニットが必要です。※IM-5(生産終了)、UVR-2(生産終了)

    デジタル照度計IM-600演色照度計IM-1000紫外線強度計UVR-300にはキーボードユニットは無くなり本体キーボードにて対応可能です。】

  • ※積算値は0.5秒に1回毎の測定値から演算します。
  • ※積算モードで測定中は積算照度(紫外線強度計の場合は放射量)、積算時間を2秒間隔で表示します。
  • (積算を中止した場合は0.5秒間隔で交互に表示)
  •  ※積算モードで測定中他の測定モードに切り替えても積算は継続いたします。