超微弱な近赤外領域の計測を実現した分光放射計600~1030nmの分光分布を高精度に測定

近年、特にディスプレイや照明市場において、「近赤外領域」測定の需要がますます増えてきて参りました。また、これを手軽にかつ高精度に測定できる計測器がありませんでした。このような状況の中、当社は分光放射計SRシリーズで培われた技術を基に「近赤外分光放射計SR-NIR」を開発いたしました。本製品は、分光放射計SRシリーズと併用していただくことで、380nm~1030nmの分光放射輝度を測定することが可能となりました。

特長

  • FPDから微弱に発光する近赤外領域の測定が可能
  • 近赤外領域(600~1030nmの分光分布の高精度測定を実現
  • 当社分光放射計SRシリーズとの併用で、可視~近赤外(380~1030nm)における分光分布測定が可能

用途

  • 各種FPDの近赤外領域の出力観測
  • Ne、Arの輝線出力観測
  • 光学フィルム等の近赤外透過特性の評価
  • その他光源の近赤外分光計測

主な仕様

受光素子 電子冷却リニアアレイセンサ
波長分散素子 回折格子
測定角 2°/1°/0.2°/0.1° *電動切替え式
最小測定径 (mmφ) 2°: 10.0、 1°: 4.99、 0.2°:1.00、 0.1°:0.50
測定距離 350mm~∞ (対物レンズ金物先端からの距離)
スペクトル波長幅 6~8nm (半値幅)
波長分解能 1nm
測定モード オート/マニュアル(蓄積時間/周波数)、外部垂直同期信号入力
測定内容 分光放射輝度 : W・sr-1・m-2・nm-1
測定範囲(*1)(*2) 2°:0.5~3,000、 1°:1~9,000、 0.2°:20~70,000、0.1°:100~300,000
繰返し精度(*2) ±2%以内
偏光特性 分光放射輝度 5%以下
校正基準 当社校正基準 *標準A光、 23℃±3℃、 65% RH以下
測定時間(*3) 約1~31秒
インターフェース RS-232C、 USB 2.0
電源 専用ACアダプタ AC100~240V (50/60Hz)
消費電力 約36W
使用条件 温度: 5~30℃、 湿度: 80%RH以下、 結露なきこと
外形寸法 (W×D×H) 150×406×239mm
質量 5.5kg
  • (*1) : 本製品は輝度測定を行いません。 標準の光Aに対しての参考値を記載しております。
  • (*2) : 600~1030nm 当社基準光源に対して
  • (*3) : PCとの通信時間除く

測定径

単位: mmφ

測定角 測定距離 (*1)
350mm 500mm 800mm 1000mm 2000mm
10.0 15.1 25.4 32.2 66.4
4.99 7.55 12.7 16.1 33.2
0.2° 1.00 1.51 2.54 3.22 6.64
0.1° 0.50 0.76 1.27 1.61 3.32
  • (*1) : 対物レンズ金物先端からの距離
  • (*2) : この表の数値は設計基準値であり、実際の直径とは多少異なる場合があります。

別売付属品

  • アタッチメントレンズ: AL-6 / AL-11 / AL12
  • CCDアダプタ: IA-2
  • ファイバープローブ: FP-3P
  • 三脚: 三脚5N型
  • 三脚: Tripod-SR
  • 微動台: S-4