大流量タイプの電磁定量ポンプ

特長

大流量

コンパクトサイズながら吐出量はMax. 1.25L/minまでカバーすることができます。ストローク長の調節範囲は20~100%、ストローク数は0~360spmまで設定できるため、小流量から大流量まで幅広く使用可能です。

CPU搭載

コントローラーにCPUを搭載。アナログ比例・分周・カウンタ制御が1台のポンプで行えます。

多彩な材質

ポンプヘッド材質はPVCの他、GFRPP・PVDF・SUS316をラインアップ。酸・アルカリ・溶剤系などさまざまな薬液に対応します。

防水・防塵構造

アルミダイキャストを強化プラスチックス(GFRPP)でインサート成形したポンプボディーで、簡易防水・防塵構造となっています。(IP65)
(注) 屋外でのご使用は避けてください。

概略仕様

■ポンプ仕様 [EH-E] VC/V6/PC/VM [EH-F] VC/V6/PC

型式 EH-E31 EH-E36 EH-E46 EH-E56
最大吐出量 mL/min 340 520 750 1250
1 ショット吐出量 mL/shot 0.19~0.94 0.29~1.44 0.42~2.08 0.69~3.47
最高吐出圧力 MPa 1.0 0.7 0.4 0.2
接続口径 VC,V6,PC,VM φ8×φ13 φ10×φ16
VC,V6,PC
VC,V6(フランジ)
VC,V6(ユニオン)
ストローク数 spm 1~360
ストローク長可変範囲 % 20~100
平均消費電力 W 48
平均電流値 A 100V: 1.8, 200/220V: 1.3
電源電圧(50/60Hz共通) V AC100V(許容電圧範囲: EH-E AC90~126V/EH-F AC90~110V)単相またはAC200V, 220V(許容電圧範囲: AC180~242V)単相
質量 kg 8
標準付属品 VC,V6,PC,VM チャッキバルブCA型, PVCブレードホース 3m
VC,V6,PC
VC,V6(ユニオン)
VC,V6(フランジ)
  • 最大吐出量は清水での最高吐出圧力時における値です。圧力が低い場合は上記の値より多く吐出されます。
  • 吐出圧力はオーバーフィード防止のため、最低 0.12MPa 以上必要です。( ただし EH-E56, EH-F70 は 0.05MPa 以上 ) これ以下の場合はチャッキ弁または背圧弁を必ずご使用ください。
  • EH-F の PC 型にはフランジ接続およびユニオン接続タイプはありません。ホース接続のみとなります。
  • 使用条件 液温範囲 VC,V6,VM 型 : 0~40 ºC PC 型 : 0~60 ºC 周囲温度 0~40 ºC

■ポンプ仕様 [EH-E] [EH-F] FC/SH

型式 EH-E31 EH-E36 EH-E46 EH-E56
最大吐出量 mL/min 340 520 750 1250
1 ショット吐出量 mL/shot 0.19~0.94 0.29~1.44 1.04~2.08 1.74~3.47
最高吐出圧力 MPa 1.0 FC: 0.7 SH: 0.6 0.4 0.2
接続口径 FC(ホース ) φ10×φ12
FC(ネジ )
SH Rc1/4 Rc3/8
ストローク数 spm 1~360
ストローク長可変範囲 % 20~100 50~100
平均消費電力 W 48
平均電流値 A 100V: 1.8, 200/220V: 1.3
電源電圧(50/60Hz共通) V AC100V(許容電圧範囲: EH-E AC90~126V/EH-F AC90~110V)単相またはAC200V, 220V(許容電圧範囲: AC180~242V)単相
質量 kg FC: 8, SH: 13 FC: 8, SH: 16
標準付属品 FC(チューブ) 背圧弁BVC-1TV-10H型
FC(ネジ )
SH チャッキバルブ CS-1S型 チャッキバルブ CS-2S型 チャッキバルブ CS-2SL型
  • 最大吐出量は清水での最高吐出圧力時における値です。圧力が低い場合は上記の値より多く吐出されます。
  • 吐出圧力はオーバーフィード防止のため、最低 0.12MPa 以上必要です。( ただし EH-E56, EH-F70 は 0.05MPa 以上 ) これ以下の場合はチャッキ弁または背圧弁を必ずご使用ください。
  • 使用条件 液温範囲 0~60 ºC 周囲温度 0~40 ºC
  • EH-F-FC 型の背圧弁はオプションになります。