異常運転に強く、高効率なマグネットポンプ

特長

セルフラジエーション構造(PAT.)

インペラとマグネットキャンの固定部に設けられた熱拡散孔より、スピンドルとベアリング周辺の液を強制循環させることで、異常運転時に発生する摺動熱を効率良く拡散・放熱・冷却。樹脂の熱変形や溶融を防ぎます。(MX-70、100型を除く)

2分割式ボリュートケーシング(PAT.)で高効率

樹脂製マグネットポンプでは初めて、フロントケーシングとリアケーシングによる2分割式ポンプケーシングを採用。理想的なボリュート形状の渦室を形成することにより、インペラから出た液を効率良く吐出口へ導くことができます(MX-400型を除く)。

堅牢な構造

フロントケーシングやリアケーシングなど応力のかかる部分は、全てリブで補強、ポンプ耐圧と機械強度の向上を図っています。

概略仕様

型式 接続口径
吸込×吐出
比重限界 最大吐出量
L/min
標準仕様
L/min-m
モータ出力
kW
質量
kg
MX-70 G1×G1注 1.2 90 / 100 50 - 5.4/7.8 0.15 / 0.18 6.5
MX-100 110 / 125 70 - 6/9 0.26 8.2
MX-250 25A×25A 1.0 150 50 - 14/13.5 0.4 13.5
MX-251 80 - 19 0.75 22
MX-400 40A×40A 1.2 280 100 - 10.5/10 0.4 13.5
MX-401 320 / 280 150 - 14.5 0.75 22
MX-402 50A×40A 1.2 450 200 - 20/19.5 1.5 38
MX-402H 1.0 160 100 - 30
MX-403 50A×40A 1.2 500 250 - 23/25 2.2 43
MX-403H 1.0 270 / 250 100 - 35/36
MX-505 65A×50A 1.2 800 500 - 24.5/23.5 3.7 64
  • 注 1:上記比重限界は標準仕様時のものです。比重限界は吐出量によって異なりますので詳しくはお問い合わせください。
  • 注 2:上記 MX-70, 100 型の接続口径はネジ接続タイプ(M 型)のものです。MX-70, 100 型のホース接続タイプの接続口径はφ26mm(吸込 × 吐出)です。
  • AV(AE) タイプは性能が異なります。詳しくはお問い合わせください。
  • 【共通仕様】
     液温範囲:0~80°C(液質により異なります。アフラス® Oリングの場合は 10~80°C)
     周囲温度範囲:0~40°C