制御性に優れた、定量ポンプLKシリーズ専用のコントローラ

特徴

MFC型は制御性に優れた、定量ポンプLKシリーズ専用のコントローラです。ポンプストローク数を0~120spmで自動制御することが可能です。ポンプ実ストローク数のフィードバック信号をコントローラが自動補正、正確なストローク数制御を行います。見やすいLCD表示と、大型タッチキーの採用で操作性に優れています。また、キーロック機能付きの安心設計です。定量ポンプLKシリーズ、MFC型ポンプコントローラのコンビネーションで、薬注プロセスにおける各種自動制御運転がローコストに行えます。

  • アナログ信号 (4~20mA等)、パルス出力 (分周・カウント) 運転が可能
  • 外部出力信号でポンプ運転状況の監視が可能
  • 操作は簡単なキータッチ入力方式、視認性の良いLCDを採用
  • 表示はストローク数 (spm) と実流量 (L/min) の選択が可能
  • キーロック・プライムの各種機能や、外部レベルセンサーの制御など、様々な薬注プロセス管理が可能

用途

  • 工場排水処理における、水質管理
  • 上下水道処理施設の滅菌処理
  • 化学、製紙、食品分野における、薬注プロセス

概略仕様

運転機能 手動運転 (Manual)、外部信号運転 (EXT)
操作キーにて選択(EXT)
制御機能 設定

手動運転(Manual operation) 
● ストローク数
MFC-L10P-1: Max 60 spm / MFC-L20P-2: Max 120 spm

外部信号運転(EXT)
● アナログ入力運転
ANA.R 4 ~ 20mA / 0 ~ 20 mA / 20 ~ 4mA / 20 ~ 0mA
ANA.V 任意2点設定
● デジタル入力運転
カウントUP (MULT) 1 : n n = 1 - 999
分周 (DIV) n : 1 n = 999 - 1

入力 ストロークセンサ 無電圧接点、またはオープンコレクタ (弊社指定)
制御電流入力 信号入力範囲 4 ~ 20 mA (0 ~ 20 mA)
パルス入力 無電圧接点、またはオープンコレクタ
(DC12V 10mA 以下) Low Active100Hz 以下
2段レベルセンサ 無電圧接点、またはオープンコレクタ
(DC12V 10mA 以下) Low Active
1. Pre STOP (LCD 表示 / AL出力) 
2. STOP (ポンプ停止、LCD表示 / AL出力)
ダイヤフラム
破損検知器
無電圧接点、またはオープンコレクタ
(DC12V 10mA 以下) Low Active
フローチェッカー 無電圧接点、またはオープンコレクタ
(DC12V 10mA 以下) Low Active
出力 センサ用電源 12V 20 mA
インバータ制御信号 4 ~ 20 mA 負荷抵抗500Ω以下
インバータ
RUN / STOP
半導体接点
伝送出力 4 ~ 20 mA 負荷抵抗500Ω以下
出力 機械接点 (AC250V 5A) AL1 / AL2 (コモン共通)
設定項目:ストップ / プリストップ / カウントアップ終了 /
フローチェッカー / ダイヤフラム破損検知
電源電圧 1φ AC100V ~ 240V 50 / 60 Hz 消費電力24VA