数種の液をインラインで連続混合

特長

適切な温度の熱を効率よく供給可能な循環加温ヒートポンプ「CAONS (カオンズ)」は最高温である出口水温90℃までの運転を可能としながら、ユニットの加熱能力を70kWとし、さらに最大16台のグループ制御も実現しました。運転効率面では、システム設計や運用管理が容易な屋外設置型の空気熱源式でありながら、高い省エネ性との両立を図りました。

最高出口温度90℃、70kWユニットのグループ制御で対応温度域・規模の範囲拡大

循環加温ヒートポンプとしての最高温である出口温度90℃までの運転が行えることで、原材料等の洗浄、脱脂、加温、溶解、加熱殺菌など幅広い用途に採用できます。外気温-20℃でも90℃の高温水を取り出すことができ、寒冷地での使用も可能としました。また、加熱能力70kWのユニットは、16台までグループ制御して最大1,120kWのシステムを構築できるため、大規模な加温処理工程へも適用が可能となりました。

優れたエネルギー消費効率で大幅な省エネルギーと省コストを実現

高効率ロータリインバータ圧縮機と二元冷媒サイクルを用いて、従来システムと比べて約6割もの大幅な省エネルギーとエネルギーコスト削減が実現可能です。

空気熱源式でシンプルなシステム設計と容易な運用管理

空気熱源式の一体構造・屋外設置型ユニットであり、水熱源式のような熱源水供給が不要なため、システム設計がシンプルで配管施工も少なくて済みます。ガスや油焚きのボイラ・ヒータと比べた場合も、燃焼部がないので、点検やメンテナンスにかかる時間やコストを削減することができ、また、設備管理面からも安全です。

最大85℃差の昇温運転を行い一過式の利用方法にも対応

オプションのポンプキットを用いれば、ポンプと三方弁による流量制御で、最大85℃差の昇温運転を行うこともできます。これにより、低温水を給水し高温水を取り出す一過式の利用方法が可能ですので、複数のユニットにて、循環加温と一過式の系統を併せ持つ温水ボイラ・ヒータのシステム同様の使い方にも対応できます。

用途

用例1.[産業分野]塗装工程における塗料の加温

用例2.[産業分野]パレット洗浄工程における洗浄水の加温

用例3.[業務分野]昇温運転による「一過式」の利用方法

概略仕様

平台据置2段ロータータイプ

  空気熱源式循環加温ヒートポンプ CAONS
45タイプ(販売中) 140タイプ(販売中) 700タイプ(新製品)
形名 HWC-H451H HWC-H1401S HWC-H7001H
製品写真
外形寸法
(W×D×H)mm
<一体型>
900×320×1340
熱源ユニット:
900×320×1340
供給ユニット:
900×320×700
<一体型>
2070×1080×2300
定格電源 3相 200V50/60Hz 3相 200V50/60Hz 3相 200V50/60Hz
加熱能力*注[kW] 4.5 14.0 70.0
COP*注 2.5 3.5 3.6
出口温度範囲 30~64 50~90 50~90
入口温度範囲 25~60 40~85 5~85