アニール炉は、高分子材料加熱で多くの実績を持つ弊社独自の遠赤外線ヒーターと、永年の研究開発から生まれた独自の照射機構によって最も効率の良いアニール処理ができます。高速度、高信頼性のニール炉は、数多くのユーザー各社にご好評を頂いております。

特長

ア二ールと遠赤外線

プラスチックの成形品は、それ自体の分子が赤外線を吸収する特性を持っております。吸収特性は短い波長の近赤外線領域の一部(≒3.5~4μ)と、ほとんど遠赤外線領域(≒5.5~15μ)の長い波長領域に集中しています。遠赤外線アニール方式は、この領域のピーク波長を選択照射して成形品自体の分子運動(振動、振幅)を活発にします。

短時間アニール

従来手法アニールと比べて1/20~1/40の短時間処理ができます。また、成形機と直結した自動連続生産が可能です。

各種材質、形状に対応

熱可塑性(非晶性・結晶性)、熱硬化性に至る各種材質のアニールができます。また複雑形状品、異種材質構成(インサート、アウトサート等)に対応。

各種アニール目的に対応

  • 成形品、残留歪みの除去
  • 成形後の寸法安定(収縮の促進と安定)
  • 物性値の向上(熱可塑性樹脂/熱硬化性樹脂)

高品質アニール

コンベヤー搬送方式、遠赤外線放射特性値の高精度管理、成形品温度制御機構、モード別送風機構等により、高品質の安定したアニールができます。

概略仕様

寸法
(mm)
A(全長) 2100 2400 2700
B(炉長) 1200 1500 1800
C
(赤外線照射部)
950 1250 1550
コンベアー(mm) 材質・形状・形式:SUSワイヤーベルト TSW1.6-7.TSW1.2-5
幅寸法:400~450(W)mm
搬送速度:0~800/min
アニール方式 遠赤外線照射、熱風併用
遠赤外線ヒーター 形式:MBP-EX(A)600 [高分子材料用]
電源 AC3φ 200V 50/60Hz
電気容量 14.5kw/h 19.5kw/h 24.2kw/h
温度制御区分 赤外線特性温度:6系統  空気温度:1系統
温度制御方式 PID制御  SSR駆動
温度制御モード 高温・低温 [AN仕様機は低温モードのみ]
成形品温度制御 全機種共通 [FA・GA仕様機は送風温度制御機能付]
吸気・排気 強制吸気・排気  排気ダクト径φ98mm
安全機構・警報 非常停止・各動作インターロック・過昇温度警報・温度異状
他機構(オプション) ベースフレーム・温度記録計・冷却機構・ヒーター断線警報