低脈動・高効率を実現
使いやすさと省エネ効果を両立

特長

作動安定性が向上(TC05、TC15、TC25)

スプールには独自構造のループドCスプールを採用。スプリングの改良、スプール本体の軽量化により、切替の安定性が格段に向上しました。

マルチポート・マニホールド

吸込・吐出のマニホールドは2方向(TC05、10、50)または3方向(TC15、25A/S)を標準設定することにより、多彩な配管が可能です。

一貫した国内生産

設計から生産まで環境・コストを配慮、一貫した国内生産でタイムリーなレスポンスとサービスを提供します。

優れた耐食性

アウトチャンバ、マニホールドなどの接液部には、ガラス繊維を含まないPure PPや、ADC12、SCS14などを採用。耐食性が一段と向上しました。

ループドCスプール

ループドCスプールは、独自構造のループドCスプリングを採用しており、従来のC型スプリングよりバネを長くすることで、耐久性を向上し、中間停止軽減効果が大きくなりました。またスプール本体が軽量なアルミ材質なので、これらの効果をより大きくしています。

C型スプリング

従来のC型スプリングでも中間停止軽減効果はありますが、回避効果である反発力の範囲が上図のように狭く、ピンポイントでの効果でした。中間停止しようとするスプールを押し戻す力が小さく、範囲が狭い為に吊り合ってしまうことがありました。

ループドC型スプリング

ループドCスプリングでは、上図のように中間停止軽減効果である反発力の及ぶ範囲が広くなり、不安定な差圧でも誤作動を軽減します。一旦切り換わった時には速やかにスプールを押し出し、安定した切換動作を行います。またスプリング寿命はC型スプリングに比べ2倍になりました。

概略仕様

型 式 最大吐出量
L/min
最高吐出圧力
MPa
最大エアー消費量
NL/min
供給エアー圧力
MPa 注2
1 サイクル吐出量
mL
接続口径
吸込・吐出
質量
kg
TCP05TF 11.5 0.7 250 0.2~0.7 20 Rc1/4 1.3
TCV05TF 1.7
TCD05TF 1.4
TCA05TF 1.6
TCS05TF 2.7
  • 注 2:供給エアー圧力は 0.2MPa 以上必要です。0.2MPa 未満では正常に作動しない場合があります。
  • ●液温範囲 :TCP/TCV/TCD(0~60°C)、TCA/TCS(0~100°C)
  • (70°C以上の場合は、切換え機構部材質などの変更が必要になります。別途お問合せください。)
  • ●スラリー限界:フラットバルブタイプはスラリーの取り扱いができません。(別途お問合せください。)
  • ●粘度限界 :0.1Pa・s 以下(別途お問合せください。